消化器内科・消化器外科・腫瘍内科・緩和ケア内科・内科・外科・肛門外科・放射線科:北海道消化器科病院

Top > 挨拶・理念
挨拶・理念

理事長挨拶

堀田院長

当院は、消化器の単科専門病院として昭和63年2月に開院し、四半世紀が既に過ぎております。消化器の疾患には、内科的に治療すべき病気と外科的に治療すべき病気があり患者様によりよき治療の選択が可能となるように、開院当初より内科と外科がチームとなって消化器の病気の医療にあたってまいりました。
 しかしながら医療の進歩には、日進月歩の感があり、そのような医療状況に合わせ過去5回の増改築の工事を行ってきました。また医療器械の進歩にもあわせて、新しい内視鏡設備や超音波装置・高速CT装置・高速MR装置・PET装置など最新の医療機器への更新も行い、これにより的確で体にやさしい診断も可能となっております。死亡率の約3分の1が癌による死亡という昨今の病気の状況に反映して、入院患者さんの病気の割合は、年々悪性腫瘍が増加してきております。内科的治療、外科的治療はもちろんのこと放射線療法・化学療法などの集学的医療にも力をいれております。それと同時に緩和医療にも取り組み、平成28年5月には緩和ケア病棟をオープンする運びとなりました。四半世紀を過ぎようやく消化器疾患の診断、治療、さらに緩和医療と、一貫とした医療体制を築けたかと思います。
 平成25年4月に消化器専門病院でありながら北海道がん診療連携指定病院の指定をうけ、それに伴いがん患者相談支援センター、がん緩和ケアチームが設置されています。医師のみならず看護師・薬剤師・放射線技師他スタッフ一同がチームとなり、今後も患者様に一層満足していただける診療を行っていきたいと思います。

    平成28年4月吉日  北海道消化器科病院 理事長 堀田彰一

院長挨拶

森田院長

北海道消化器科病院は昭和63年に消化器疾患の専門病院として、堀田彰一理事長が設立し、その後も一貫して消化器疾患の診療にあたってまいりました。

診断から治療までを完結できるようにとの思いで、当初から内科・外科を併設しておりました。その後も病理部を開設し、放射線治療を開始し、またこの4月より緩和ケア内科を開設し、より幅広く消化器疾患に対応できるようになりました。

一方で消化器専門の病院であることから、他臓器の疾患については近隣の専門病院との緊密な連携が必要であります。幸いに多くの専門病院が近くに存在しており、これらの病院と密に連絡を保つことで、より安心して良い治療を行うことが可能になってきます。特に近年は高齢化が徐々に進んでおり、種々の合併症を有する患者さんも少なくなく、これらの専門病院との連携を密に保つことで、より高度の医療を提供できるものと考えております。

診断部門では、各種の高度放射線診断機器に加え、内視鏡部門では小腸内視鏡、カプセル内視鏡などを備え、あらゆる部位の診断に対応するとともに、より体に負担の少ない診断体制を整えております。治療においては、悪性疾患に対する内科治療では、早期癌に対する内視鏡的治療から進行癌に対する化学療法、放射線療法まで幅広く対応しております。また外科治療においては、消化器のすべての領域の疾患に対応していますが、特に北海道でも最も早くに腹腔鏡下手術を開始しており、現在では手術全体の7割以上を腹腔鏡下手術が占めており、より体にやさしい外科治療を心がけています。やむを得ず終末期となった場合には、苦痛なく療養できるように、緩和内科とも緊密に連携を保っております。

これらの診断・治療の技術をフルに活用し、高度の医療を提供するとともに、患者様に当院を受診してよかったと思っていただける病院をめざして、職員一丸となってこれからも努力して参りたいと思います。

    平成28年4月吉日  北海道消化器科病院 院長 森田高行

当院の理念

皆様一人ひとりの権利を尊重し、良質で安全、かつ最高の医療を提供します。

基本方針

医療法人 彰和会 北海道消化器科病院は、医療の進歩と共に歩み地域医療に貢献するために職員一同、以下に掲げる基本方針を遵守します。

  1. 専門病院として患者様に最も適切な医療を提供します。
  2. 医療技術の向上を図り、最新の医療を目指します。
  3. 患者様および家族が治療を選択する権利を尊重します。
  4. 安全で快適な医療環境づくりを心がけます。
  5. 医療を通して社会に貢献することに努力します。

医療安全管理指針はこちらです

感染対策指針はこちらです