消化器内科・消化器外科・腫瘍内科・緩和ケア内科・内科・外科・肛門外科・放射線科:北海道消化器科病院

Top > 最新医療機器紹介
最新医療機器紹介

PET

PETとは

PET検査とはPositron Emission Tomography(陽電子放出断層撮影)の略です。

従来のCTやMRIなどの形をみる検査とは異なり、細胞の活動状態を画像でみることができ、がん、脳、心臓などの病気の診断に有用です。

一度の検査で全身チェック

PET検査では一度の撮影で、ほぼ全身をみることができます。

総合的な診断に有用です。

ほとんど苦痛がなく、短時間で終了

薬剤を注射して約1時間安静にした後、カメラの下で30分ほど横になっていただくだけです。

がんの早期診断、転移や再発の診断に有用

全身をみる検査ですので、原発巣の検出、転移や再発の診断に有用です。

がんのPET検査のしくみ

PET解説図1

からだを構成している細胞は、生きていくためのエネルギー源として「ブドウ糖」を必要としていま
す。がんなどの悪性腫瘍は正常な細胞よりも増殖が盛んに行われるため、3~8倍のブドウ糖を必要と
します。



PET解説図2

PET検査は、このようながん細胞の性質に着目して、がんを発見する診断法です。ブドウ糖に微量の
放射線を放出するフッ素-18(18F)という「放射性同位元素」を標識した薬剤(以下、FDG )を投与
し、PETカメラという装置を用いて、FDGの全身分布を撮影します。



PET解説図3

がん細胞にはFDGが正常細胞より、たくさん集まるため、PET検査によりがんの位置や大きさだけで
なく、がんの活動の状態を診断することが可能です。



SPECT

SPECTとは、Single Photon Emission Computed Tomographyの略語です。

SPECTとは

SPECT検査は、放射性医薬品を静脈注射して体内から放出されるガンマ線を、シンチカメラ装置で検出し、その分布を画像化する検査です。
この放射性医薬品には、色々な種類、性質の医薬品があり、たとえば肝臓・心筋・骨などに集まる放射性医薬品を、それぞれ使い分けて身体の機能などを診断します。

肝臓シンチ(アシアロシンチ)

肝臓機能と形態を調べる検査です。

心筋シンチ(心筋脂肪酸代謝シンチ)

心筋シンチ(心筋脂肪酸代謝シンチ)
血液の足りない心臓の筋肉がどこで、その筋肉は治療で治る見込みがあるかを調べる検査です。

骨シンチ

骨シンチ
骨の代謝や反応がさかんなところに集まる性質を利用して、炎症や腫瘍、骨折等を調べる検査です。



64列マルチスライスCT

64MDCT

当院では2006年12月に64列マルチスライスCTを導入し、2007年1月から稼働しております。

64列マルチスライスCTは従来型に比べ、息を止めていただく時間が大幅に短縮されました。今までの5~10倍も細かく撮影しているにもかかわらず、おなかの検査で平均7秒、肺の検査では平均6秒間の息止めで撮影が終了します。さらに撮影したデータから作成可能な3次元画像は、これまでのCTよりもはるかに鮮明で詳細な情報を提供することができるようになりました。

当院では胃・大腸の検査、おなかの血管の画像を作成し、内科的な診断から手術支援まで幅広く利用しています。