新型コロナウイルス集団感染収束の報告 | 北海道消化器科病院

文字の大きさを変えます

NEWS

お知らせ

ホーム > お知らせ

新型コロナウイルス集団感染収束の報告

この度は、当院における新型コロナウイルスの集団感染(患者様9名 職員7名の計16名)発生により、関係者の皆様、とくに地域の皆さまには多大なるご迷惑とご心配をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

1月9日入院患者様の感染が判明してから、当該病棟の新規入院を全面的に中止し直ちに対策本部を立ち上げました。札幌市保健所クラスター対策班並びに北海道医療大学塚本容子教授よりご指導、ご支援を頂きながら事態の収束に向けて職員一丸となり取り組みました。濃厚接触者と判断された職員を自宅待機とし、当該病棟の消毒作業を実施し、さらなる感染拡大に繋がらないよう当該病棟の職員及び患者さまのPCR検査を順次実施しました。その結果2月3日に当院職員1名の陽性が判明しましたが、最終勤務日(1月28日)から14日間新たな陽性者は確認されておりません。

このような状況から、札幌市保健所の指導の下2月11日感染収束したと判断し、2月15日より当該病棟の入院機能を全面的に再開いたします。感染収束に取り組むなか、当院をご利用の患者様、関係者の皆さまから多数の応援、励ましの言葉をいただきました。この場を借りて御礼申しあげます。

今後は皆さまに安心して医療を受けて頂けるよう、感染対策により一層の努力を続けて参ります。ひきつづき皆さまのご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

記事の一覧を見る >

©️ 2018 医療法人 彰和会 北海道消化器科病院