北海道消化器科病院

文字の大きさを変えます

EACH DEPARTMENT

各科のご紹介

ホーム > 各科紹介 > 栄養科

栄養科

<栄養科紹介>

入院中の患者様の栄養状態を把握していく栄養管理と、その状態にあったお食事の提供をする給食管理により、食事療法が行われています。
食事療法は、患者様の病気の治療促進、増悪阻止・予防を目的として行っていますので、集団ではなく一人ひとりのお食事をつくっているという事を心がけております。

<入院患者様のお食事について>

患者様の病態に応じて適正な栄養補給を行い、病気の治療回復を目的としたお食事を提供しています。
的確な病状判定や、よりよい治療のための検査を行う為に検査食が提供されることもあります。
一般的な家庭食のメニューを心がけ、入院生活が日常生活と異なることで食欲低下を招かないよう心がけています。
それぞれの料理に適した温度で、召し上がっていただけるよう保温保冷配膳車を利用し、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく提供しています。
衛生面への配慮も努め、安心・安全でおいしい食事づくりを心がけております。

配膳時間
朝食は8時、昼食は12時30分、夕食は18時に配膳しています。
食堂デイルームにて明るい雰囲気の中、お食事を召し上がっていただけます。

コメントの対応
食品アレルギーがある患者様に対しては、食札カード(お膳についているカード)に、卵禁止・青魚禁止・鶏肉禁止といったコメントを記入し対応しています。
偏食に対しては、治療食であること、食事内容のバランスを欠くことをご理解いただいた上で、ご遠慮願っております。

<栄養食事指導について>

消化器疾患や糖尿病・高脂血症など患者様一人一人に合わせた栄養指導を行っております。
患者様の日常生活を考慮し、実践しやすい内容の指導を心がけています

【時間】
外来・入院ともに

月曜日~金曜日の午前9時30分~午後12時30分迄、午後2時30分~午後5時迄

<栄養科からのお知らせ>

困っていることがあれば、いつでも管理栄養士にご相談下さい。

医TV

©️ 2018 医療法人 彰和会 北海道消化器科病院